ニキビ跡にはいくつかの種類があります。その種類によってケアの方法が変わるので、まずはそれぞれの特徴をまとめてみます。

<赤ニキビ>
芯や膿は取れたけどまだ赤みは残っている状態。
表面のでこぼこはなく平らでもまだ炎症は続いているので注意が必要です。

<黒ニキビ>
メラニンがうまく代謝されず残ってしまうことから色素沈着が起きてしまいます。シミと同じと考えてよいでしょう。
茶色になってもメラニンを排出できれば回復する可能性があります。

<凸凹タイプ>
肌の表面が陥没したり、逆に盛り上がってしまった状態。
毛穴で起こった炎症がまわりの正常な皮膚にも悪影響を与えてしまっています。ダメージを受けた肌が回復しようとしてでこぼこになるとも言われています。

 

 

それぞれの種類のニキビ跡のケアについて。

まず<赤ニキビ>タイプについては、セルフケアで改善することが十分に可能です。肌のターンオーバー(生まれ変わり)を健全にすることを心がけましょう。ターンオーバーを繰り返すことによって、じょじょに肌の赤みが薄れていく可能性は高いです。
セルフケアの方法は、ピーリング効果のある洗顔料や基礎化粧品を使うこと。
​こちらはピーリング効果のある化粧水です。


ホワイトヴァージンピール

<黒ニキビ>タイプについてはシミと同じように考えていいでしょう。シミはセルフケアで治すには、かなり長期間かかることを覚悟する必要があります。すぐに消えてなくなる、というものではありません。皮膚科で治療を受けることをお勧めします。ハイドロキノン治療やレーザー治療、ケミカルピーリングといった治療が効果的です。

<凸凹タイプ>のニキビ跡については、セルフケアで治すのはほぼ不可能でしょう。専門の皮膚科を受診しましょう。

© 2018 ニキビ rss